親の監視から逃れるために大学受験を機に東京へ

親の監視から逃れるために大学受験を機に東京へ

私はこの田舎の町から出たいから、東京で大学受験をします。東京に行けば何かが変わりそうな、夢の町のような感じもありますし、親の監視から逃れられる思いもあります。親は箱の中に子どもを入れておきたいくらいの愛情の重い人です。携帯電話もつい最近まで持たせてもらえませんでした。友達と出かける時も、時間通りに帰宅しないとすごい剣幕でしかられます。部活で遅くなることもしばしばですが、それも駄目でいつもみんなに、迷惑をかけていました。


そんな親から抜け出したいから大学受験は東京でするのは、いけないことなのでしょうか。でも、行きたい学部があるのが、東京の大学なので、親にはそうやって受験させてもらえるように、言っています。はじめ東京へ行く事を話した時には、もう大変でした。地元の大学へ行って、地方公務員にでもなればいいと強い口調で言われました。でも、そんなことをしたら、私は箱から出られません。やはり出るのなら今しかないと思いました。


きっとこっちの大学へ行って就職するときも、地元の人に口添えしてもらって役場などに就職させそうになることがわかっています。それだと私の人生じゃなくなるから、大学受験を機に東京へ行くのです。でも、合格しないと東京へは行けません。絶対合格を勝ち取りたいので、数校受けることにしました。これぞ私の反乱です。絶対に合格します。それまでの我慢です。合格したら、できるだけ親のすねをかじらない様に、バイトも勉強も頑張るつもりです。応援お願いします。

新着情報

おすすめサイト

関連情報