トップ

インプラントの種類

インプラントの固定方法

話題のインプラント義歯

今義歯は進化しており、一般的な入れ歯と言われるものも自分の歯を利用して磁石を付けたアタッチメントタイプと、インプラントに磁石を付けたアタッチメントタイプ両方が使えるようになっています。このおかげで安定した装用が可能ですし、今までのような不具合も起こりにくく、埋め込んだインプラントも無駄にすることなく利用することができます。ほかにも、最近は歯茎が弱っている方向けにソフト義歯というのも人気があり、歯茎が痩せてしまって骨に義歯が当たって痛いという悩みを抱える患者さんに多く使用され快適に食事をすることができます。

入れ歯に使われるアタッチメント

インプラントとは直接下顎の骨に金具を埋め込み、義歯を固定する方法です。失ってしまった歯が多い場合、アタッチメントという金具を用いることで義歯を固定することができます。この場合、器具の取り付けはすべての歯ではなく二本の歯のみに行います。この二本の歯にアタッチメントを装着し、他の義歯を固定することによって、グラグラして噛みにくい、噛んだ時に違和感を覚える、噛む力が弱くなって下顎の骨がやせてしまう、などの問題を解消することができます。インプラントの器具にはいろいろな種類があり、二本の歯をバーで連結してそこに義歯を装着するタイプのものや、磁力を利用して義歯を固定するタイプのものなどがあります。

↑PAGE TOP